timelake

" 時間" のイメージはいつの間にか、左から右へ流れていくタイムラインのイメージが定番となっています。 それは、マスメディアのTVドラマや、CM、PV、映画などの結末に向かった時間軸のある" 映像" の影響が大きいように 思います。さらに気軽に動画編集ができるようになり、左から右へ流れていくタイムラインのイメージは強くなっているの ではないでしょうか。しかし、" 時間" は本当にタイムラインのようにながれているのだろうか? "timeline" を一方向に流れる" 川" に例えると、それに対して、"timelake" という考えが思い浮かびました。 つまり、一方向の流れではなく" みずうみ" のように時間が溜まり、あらゆる方向に流れ揺らぎながら混ざっていくような時 間のあり方。
"timelake" というテーマを設定し、 映像と切り離せない時間を意識的に扱った、時間のみずうみのような新しい映像作品を集めパブリックスペース(日常空間) で、上映することでいつの間にかついてしまった(思い込んでいる)" 時間" や" 映像" のイメージを更新することは できないだろうか。

Imperceptibly, the image of a "timeline" which flows from left to right has become a classic image of "time". Also, the influence of "picture" with temporal axes that extend to the endings, such as TV dramas, TV commercials, promotional videos, and movies, along with the ability to edit animations, reinforces the image of a timeline drifting to one direction, appearing on SNS (Twitter, Facebook, etc.).
The word "timelake" occurred to me as more accurate when I compared "timeline" to "river" which flowed through one direction. In other words it is not a one-way flow, and time collects like a "lake”. After all, this reflects the way time drifts in every direction and merges while disrupting. By setting a theme called "timelake", we collect new images such as "the lake of time" which reflects an image and time which can't be separated consciously. When we show them in public space (daily life space), we might be renewing the images of "time" and "moving image" that already exist in our minds. (that we are convinced) (Translation :TSUKAMOTO Yasuko)



inserted by FC2 system